琉球大学病院 歯科口腔外科 は日本口腔外科学会認定研修施設です。

第三大臼歯の三次元的位置と第二大臼歯の歯科疾患保有の関連の横断研

第三大臼歯の三次元的位置と第二大臼歯の歯科疾患保有の関連の横断研究
 
1.研究の対象
2014年1月〜2020年12月に当院歯科口腔外科を受診した当時20歳代で、頭部用X線CT装置(コーンビームCT)を用いて、上下顎のすべての残存歯を撮影された方
 
2.研究目的・方法
上記の対象に該当する方の医療データを用いて、第三大臼歯(親知らず)の三次元的位置と第二大臼歯の歯科疾患保有の関連を調べます。得られる結果は、第三大臼歯に対して外科的治療(抜歯)または保存的加療のいずれを施すべきかの基準を示唆するものとなりえます。
研究期間:令和8年3月31日まで。
 
3.研究に用いる試料・情報の種類
電子カルテから以下の情報を収集します。
年齢、性別、現病歴(シェーグレン症候群、糖尿病、高血圧、精神疾患など)、内服薬(利尿剤、カルシウム拮抗薬、抗うつ薬など)、身長、体重、生活習慣(喫煙、飲酒、歯磨きなど)、歯に関する所見など
※集団での集計結果を提示するのみで、個人単位での結果を提示しません。
 
4.お問い合わせ先
本研究に関するご質問等がありましたら下記の連絡先までお問い合わせ下さい。
ご希望があれば、他の研究対象者の個人情報及び知的財産の保護に支障がない範囲内で、研究計画書及び関連資料を閲覧することが出来ますのでお申出下さい。
また、情報が当該研究に用いられることについて患者さんもしくは患者さんの代理人の方にご了承いただけない場合には研究対象としませんので、下記の連絡先までお申出ください。その場合でも患者さんに不利益が生じることはありません。但し、データ解析を行った後でのお申出には応じかねる場合があります。
なお本研究に利益相反はありません。
 
照会先および研究への利用を拒否する場合の連絡先:
琉球大学大学院医学研究科 衛生学・公衆衛生学講座
琉球大学病院 歯科口腔外科
平野 惣大
沖縄県中頭郡西原町字上原207番地 TEL098-895-3331(代表→歯科口腔外科・平野)
 
研究責任者:
琉球大学大学院医学研究科 衛生学・公衆衛生学講座
中村 幸志
 
研究分担者:
琉球大学大学院医学研究科 顎顔面口腔機能再建学講座
中村 博幸
 

このページのTOPへ